キャリアアップ助成金「正社員化コース内訳」の書き方

Pocket

キャリアアップ助成金の支給申請をするをするにあたって「正社員化コースの内訳」というものがあります。本日はこちらの書き方についてご紹介いたします。

キャリアアップ助成金「正社員化コースの内訳」ダウンロード

キャリアアップ助成金「正社員化コースの内訳」は厚生労働省のホームページからダウンロードできます。

「正社員化コースの内訳」ダウンロード

「正社員化コースの内訳」記入方法

①には有期雇用等から正規雇用に転換する制度をいつ規定したかと、周知方法を1〜3の中から選んで丸をします。当サイトでは就業規則での周知を推進してるので就業規則で話を進めていきます。
規定日は就業規則を労働局に提出した際就業規則の最後にのページに施行日という欄がありました。その日にちを記入してください。また1〜3は1の就業規則に〇をしてください。(労働協定で行ってるという方は労働協定に〇してください)

就業規則の記事はこちらをご覧ください

就業規則は従業員が10以上いれば作成しなければなりませんが10以下でも作成することをお勧めします。作成方法がわからない方でも会社名などを変えるだけで簡単に作れるように解説入りでご説明してます。助成金が貰えるのでぜひ活用してみてください

②は多様な正社員の場合に記入するのでそうでない場合は未記入で結構です。多様な正社員としての雇用の場合は当てはまるものに丸をしましょう。

③も②と同様です。

④対象労働者の名前、年齢、母児家庭か、35歳未満か派遣かで当てはまるものに丸をしましょう。※35歳未満の場合、若者雇用促進法の手続きをしている事業所に限ります。

⑤はこのキャリアアップ助成金の事について労働者も同意しているかを問われているので「はい」にチェックを入れましょう。

⑥の<1>~<6>で当てはまるものを選び
◆中小企業or大企業
◆主たる事業
◆同年において正社員化コースで支給申請をしてるか否か
◆対象労働者の人数
◆支給申請額 中小企業であれば60万 大企業45万
◆母子家庭の労働者や派遣のオプションがあれば記入

支給申請合計額を出して完成

※完成したらコピーを取って1部は手元で保管しましょう。