生後1か月!赤ちゃんの生活、育児で知っておくべきこと

Pocket

感動の大仕事を終えて、そろそろ体も出産直後に比べると楽になってきたころではないでしょうか?生後間もないころと、生後1カ月では色々と変化が出てきます。ここでは少しでもお役に立てるような情報を書いていこうと思います。

生後1カ月!赤ちゃんの身長、体重は?

生後、少し減少した体重も増えてきて顔も体も生後に比べるとぷっくらしてきます。男の子は身長50.9~59.6cm、体重3.53~5.96kg、女の子は身長50.0~58.4cm、体重3.39~5.54kg位が平均で、1カ月で身長は3~5cm増えます。体重は1日に20~40g増えます。手足を活発に動かして、原始反応も残っています。赤ちゃんの神経は脳から近い所ほど動かせるようになってきます。首から手、手から足と徐々に動かせるようになり、首はまだすわってないものの、左右に動かせるようになります。

生後1カ月!赤ちゃんの授乳間隔は?

平均的に3時間~4時間に1回ペースでいいでしょう。量は100cc前後でだいたい体重の3%位がちょうどいいです。泣いて知らせてくれる赤ちゃんの場合はミルクを欲していたらそのタイミングでミルクをあげて良いのですが、あまり泣かずに知らせてくれない赤ちゃんの場合は、3時間おきにミルクをあげましょう。残してしまったりする場合は無理に飲ませなくてもいいです。しかし、逆にミルクを飲んだのに、まだ足りないようなら授乳してあげましょう。ママのおっぱいにはたくさんの栄養が入っているので、例え飲みすぎて吐いてしまっても問題ありません。

04:00 おっぱい5分ずつした後ミルク
05:00 ゲップして睡眠
06:00 パパ、ママ起床
07:00 おっぱい5分ずつした後ミルク /パパ、ママ朝食
08:00 ゲップして睡眠        /パパ掃除、ママ後片付け
09:00 睡眠             /パパ仕事、ママ夕飯の準備
10:00 おっぱい5分ずつした後ミルク
11:00 お散歩
12:00 睡眠             /パパ仕事、ママフリータイム
13:00 おっぱい5分ずつした後ミルク /ママお昼ご飯
14:00 ゲップして睡眠        /ママお風呂
15:00 沐浴             /パパシャワー浴びて一番風呂に赤ちゃん
16:00 おっぱい5分ずつした後ミルク
17:00 ゲップして睡眠        /パパママ夕飯
18:00 睡眠             /ママ片付け
19:00 おっぱい5分ずつした後ミルク
20:00 ゲップして睡眠        /パパママ就寝
21:00 睡眠             /パパママ睡眠
22:00 おっぱい5分ずつした後ミルク
23:00 ゲップして睡眠        /パパママ睡眠
24:00 睡眠             /パパママ睡眠
01:00 おっぱい5分ずつした後ミルク
02:00 ゲップして睡眠        /パパママ睡眠
03:00 睡眠             /パパママ睡眠
04:00 おっぱい5分ずつした後ミルク

パパママは睡眠時間が小刻みになり、疲労が増すでしょう。しかし赤ちゃんも生きるのに必死なので全力でフォローしてあげましょう。

生後1カ月!赤ちゃんの母乳とミルクの割合

生後1カ月の赤ちゃんだと、まだそこまで吸引がうまくできないことが多々あります。出来るだけ母乳をあげる方がよいのですが、うまく吸えなかったり、どれ位吸えているかがわからないと思うので、ベビースケールなどで同条件の元、母乳を飲む前、飲んだ後で計ってみるとミルクをどれだけあげたらよいかがわかります。例えば母乳を10cc飲めていたらミルクを100cc用意しておいて、飲める分だけあげる。などでいいと思います。
ベビースケールには1g単位と5g単位があります。5g単位だと4ccしか飲んでない場合0g扱いなので細かく計れるスケールがお勧めです。

生後1カ月!散歩、お出かけはどれくらい?

1か月健診の際に医師に確認して、外気浴をしましょう。適度な紫外線を浴びることは赤ちゃんにとって健康的で大切なことです。両親にとっても家に籠りっきりだとストレスたまりますしね。1日30分程度お散歩してみましょう。ただ、急な遠出や長時間の買い物は、赤ちゃんにとっては混乱をきたすので、あくまでも近所や、近くのスーパー迄にしておきましょう。

生後1カ月!赤ちゃんのおしっこ、うんちの回数は?

生後1カ月だと1日に7回~12回程度おしっこをします。かぶれたりしないようにこまめに変えてあげましょう。うんちは徐々に腸に溜められるようになってきますので、新生児の時に比べると回数は少なくなってきます。中には便秘気味な子もいるので、1日出なかったら新生児用の綿棒にワセリンを塗ってお尻に1cm程入れてみてください。綿棒にうんちが付くようであれば、そこまで下りてきてはいるので、もう一度お尻に綿棒を入れて、円を描くように刺激をしてあげましょう。円と言っても円柱形に回してください。円錐形だとあまり効果がありません。30秒から1分ほどゆっくり回したら、お尻から綿棒を抜いて様子を見てみてください。暫くしからオムツを確認すると出てることがあります。

生後1カ月!赤ちゃんの下痢は大丈夫?

生後1カ月だと、うんちは水っぽいのが常です。母乳だと特にそうなり回数が増えます。快便が続くということは赤ちゃんにとって、腸にうんちが溜まって腸の形が変形しづらくなるということなのでいいことです。ただ、色はしっかりチェックしましょう。黄色や緑、薄茶が正常なのですが、黒かったり、白かったりするのはよくないので、もしそのような症状が出たらすぐさま病院に連れていきましょう。

生後1カ月!赤ちゃんの特徴

興味が芽生え始めます。目の前のものをじーっと見つめたり、ママが舌を出したりすると新生児模倣といって真似ることがあります。笑顔もすこしずつ出てくるようになるでしょう。よく泣く子、あまりぐずらない子、個性が出てくるのもこの頃です。泣き方も変化してきたりします。大声で泣いたり、少し抜くような感じで泣いたり、とにかくかわいい変化が出てきます。目もだいぶ見えるようになってきているので、ママの顔や色のはっきりとした(原色)おもちゃなどを目の前でゆっくり左右に動かすと、目で追います。聴覚も発達してきているので、耳元で音を出すとそちらの方向を向きます。可愛いですよね。あやすと反応するので抱っこ癖などは気にせず積極的にスキンシップをとりましょう。首はまだすわってないので、基本横抱きがいいでしょう。

生後1カ月!赤ちゃんが泣いたときの対処法は?

赤ちゃんは両親の世話無くして生きていけません。両親の愛情をたっぷり注ぎ込みましょう。

いっぱい抱っこして愛情を伝えましょう

抱っこは親子の大事なスキンシップです。赤ちゃんが泣いたらまず抱っこ。そのあと、お腹がすいてるようであれば、授乳してみたり、オムツを変えてあげたり、暑い寒いの温度調節をして、それでも泣き止まない場合はあやしてみましょう。赤ちゃんから30cmくらいのところに顔が見えるようにしてゆっくり横に揺らしてみたり、音を聞かせてみたり、サングラスのような視界の色を変えてみたりしましょう。

生後1カ月!赤ちゃんの睡眠時間は?

この頃の赤ちゃんは眠りが浅く2時間前後、寝ては起きるを繰り返します。生後1カ月は赤ちゃんのペースに付き合ってあげましょう。とは言う物の、しっかり授乳や、沐浴その他を含めリズムは意識して、時間が来たら寝てても起こして、授乳などを始めていけば、だんだん赤ちゃんも、ペースを掴んできてくれます。2カ月目に入ったら、昼間は出来るだけ遊んで起こしておくと、徐々に、夜寝るようになってくれます。
授乳をしたのに、あまりにも夜泣きがひどい場合は、逆に開き直って明るい部屋で気分転換させると落ち着いて寝たりすることもあります。おしゃぶりなども効果大です。

常に寝不足で疲れているのでママはイライラしがちですが、そのイライラは赤ちゃんにも伝わります。そして赤ちゃんも悲しくなってしまいます。あまりにも眠い時はパパにミルクをあげてもらうなどして休息をとってから少し余裕をもって赤ちゃんに接してみてくださいね。

生後1カ月!体重が増えない

体重が増えないのはママにとっては不安です。そんな時は前項でも申し上げたように、ベビースケールでしっかり体重管理をしてあげましょう。体重の増加は1日に20g~40gが目安ではありますが全然増えないと思っても、急に増えたりもします。十分に母乳を飲んでるサインとして、
◆1日7回以上飲んでいる
◆1日6回以上おしっこがでる
◆肌に張りがあり色もいい
◆体重増加が1日平均25g以上ある
どうしても増えなくて心配なら医師に相談しましょう。

生後1カ月!うつぶせ

生後1か月の赤ちゃんは基本仰向けで、手がW、脚がMの体制をするのがいいです。しかし、赤ちゃんにとってはうつ伏せが楽です。ではなぜうつ伏せにしないかというと、首の力がまだ未発達のため、下手すると窒息の恐れがあるからです。ですのでうつ伏せにする場合は大人が傾斜をつけて仰向けになり、胸の上でうつ伏せにしましょう。(カンガルーケア)そうすれば、呼吸も確認できますし、赤ちゃんは心音が聞こえて安心します。一番いいのは裸で胸の上に乗せるのがいいです。(親も赤ちゃんも肌と肌を触れられます)

生後1カ月!指しゃぶり、おしゃぶり

赤ちゃんはお腹がすくとおっぱいを探しますが、近くにあるものをとにかく何でもしゃぶります。手をしゃぶるのは悪いとは言いませんが、指の間に埃が溜まってたりするのであまり衛生的とは言えません。また、指をずっとしゃぶっていると、大人になったとき、爪の形が変形することがあるのであまりお勧めできません。その点、おしゃぶりは消毒も出来ますし、かなり救世主力を発揮します。泣いてしまう時など、最終兵器としておしゃぶりを与えるのはいいと思います。夜泣きする場合もおしゃぶりで満足することが多いです。

生後1カ月!湿疹やぶつぶつ

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。ママから貰ったホルモンの影響で湿疹やかさぶたのようなカサカサがあったりします。そういう場合はお風呂でふやかした時に優しく拭きましょう。お風呂上りにベビーオイルや保湿液を塗ってあげると、じきに綺麗になります。体温が上がると赤い湿疹が出たりしますが、血流がよくなり出ていることが多いです。冷えると消えるでしょう。

生後1カ月!全身に毛が生えてる

生後間もない赤ちゃんには産毛が生えています。女の子なのに!?と心配される方が多いのですがこれは胎内にいたとき羊水から肌を守るために生えているものです。産まれていまえばその必要がなくなるので時期に抜けてしまいます。

生後1カ月!おもちゃ、遊び

おもちゃは色のはっきりしたもので、丸みがあり、音が出て、消毒しやすいものを選びましょう。ベビー用品を販売している所であれば、大抵、月齢別におもちゃを販売してますので参考にするといいでしょう。またベビーメリーのような動きがあり、音も出て、色彩もあるおもちゃは脳を刺激して、赤ちゃんの発育を助けますのでお勧めです。ベビーメリーに触りたくて手足をバタバタさせます。にっこり笑ったりもします。その姿がなんとも可愛いです。

生後1カ月!足が冷えたときは靴下をはかせる?

室温が22度以上あるなら素足で大丈夫です。赤ちゃんの手足の動きを妨げる事にもなります。しかし足の色が極端に青ざめていたら血液の循環が鈍っているので靴下や手袋で防寒しましょう。また、寒い時期のお出かけは素足だとしもやけや、あかぎれの原因になるのではかせましょう。

生後1カ月!はなくそ対処は?

赤ちゃんは自分で、はなくそや耳くそを取ることが出来ません。鼻くその場合呼吸を妨げることもあるので、こまめに取ってあげましょう。短く持った綿棒を鼻の中に入れて、鼻くそに引っ掻けるように触れたら、指先で綿棒をくるくる回して巻き取ます。奥に鼻くそがあって綿棒では届かない場合、無理に綿棒を入れないで吸引機で吸い出しましょう。吸い出して手前に来たところを巻き取りましょう。最初、私は吸って鼻くそ以外が出てきたりしないか(神経的な)が怖くて自分の吸引力マックスを10としたら、0.5くらいでしか吸えてませんでした。しかしそれだと出てこないので、4~5位の吸引力で吸ってあげるとうまくいきます。

生後1カ月!飛行機や新幹線

生後1カ月で飛行機や新幹線のように気圧のかかる乗り物は避けましょう。しかし、どうしても乗らなければならない場合は、乗車する前に授乳をして飲み込む動作をさせましょう。また、耳栓などはしてあげたほうがよいでしょう。事前に航空会社に申し出ておくと配慮してくれる会社もあります。医師、航空会社に相談しましょう。

生後1カ月!必要行事は?

生後に行う行事は地方によって異なりますが

お七夜
◆お宮参り
◆お食い初め

といったところです。
お七夜:生後7日目の夜に名前を命名書きに記入し壁などに貼り付けお披露目します

お宮参り:生後30日頃に初めて氏神様にお参りして初穂料を赤ちゃんの名前で包みます

お食い初め:赤ちゃんが一生食べ物に困らぬようお祝い膳を用意して食べさせる真似をします